いつもキレイな歯と笑顔をお守りします。

Home > お口の中のことコラム > 口の中から起きる金属アレルギー 第二回

2014.02.09口の中から起きる金属アレルギー 第二回

日本の歯科医療では、保険適用部分には主に銀歯を使用いたします。

銀歯に使われる素材は、

金銀パラジウム合金

ニッケルクロム合金です。

お口の中に入れた金属は飲んだり、話したり・・

日常生活で、唾液が分泌され、その唾液により金属が溶けだし、イオン化(mN+)します。

その流れ出たイオンを口腔内の舌や頬が吸収し、血液を巡って、体内へと流れこみます。

血液を伝って流れ出て、蓄積された金属イオンは体内に蓄積され、コップに水がいっぱいになるように個人のアレルギーの規定量がいっぱいになってしまうと、皮膚などに湿疹などの症状としてでてしまうことがあります。

歯科金属アレルギーは、発症までに時間かかるといわれており、

発症までなかなか気づきづらい厄介な症状なのです。

金属アレルギーの起こりやすさは、一般的に使用する金属によって変わります。

アレルギーの起こりやすさ

【大】

ニッケル・コバルト/クロム・パラジウム

亜鉛・マンガン・銅

金・プラチナ

チタン

【小】

保険外の金歯などの義歯、またインプラントで使用するチタンなどは、

金属アレルギーを引き起こしづらい素材です。

保険で利用する銀歯は安く治療できる分、金属アレルギーを引き起こしやすい

また見た目的にもあまり審美性の優れない義歯といえます。

 

 

 

関連記事

カテゴリー

人気記事一覧

最近の投稿

アーカイブ