いつもキレイな歯と笑顔をお守りします。

Home > 東山歯科医院からのお知らせ > 歯石をとると、

2017.05.19歯石をとると、

歯石をとると、患者様にはちょっとショックなこともあります。

重度の歯周病の方は、

大量の歯石が付着して、

歯が歯石に飲み込まれているような

一つの石の塊のようになっていることがあります。

骨が溶けてしまい歯が自立するのも難しい場合でも、

石のような歯石が歯をつなぐ役割となっているのです。

こんなときはちょっと意外な感じがしますが、

歯石を取ると歯がぐらつくことになります。

たとえぐらついて抜歯になる結果になっても、

これは歯石を取る前に

抜歯になるほどの歯周病が進行していたためで、

歯石除去が原因で

歯周病が悪化したということではありません。

その後、

必要に応じて抜歯、

ぐらつく歯と歯を樹脂で固定、

金属で複数の歯を同時にかぶせて固定する

治療が行なわれます。   東山歯科医院

関連記事

カテゴリー

人気記事一覧

最近の投稿

アーカイブ