いつもキレイな歯と笑顔をお守りします。

Home > お口の中のことコラム > 歯磨き粉は何が良い。

2015.11.24歯磨き粉は何が良い。

歯磨き粉は沢山ありますが、どれを選べば良いのかよくわかりません。ドラッグストアーでセール品で良いのかもしれません。

歯磨き粉の一回に使う量は、お米粒程度で十分です。虫歯、歯周病予防のためにオーラルリンスを使うのなら、オーラルリンスは必要ありません。

ところで、

現在使っている歯磨き粉の裏面の成分表を 確認してください。

ラウリル硫酸Na(ナトリウム)と表示がありますか? もし書いてあったならば、使用を控えても良いです。

ラウリル硫酸Na合成界面活性剤のひとつで 主に泡立ちを良くするために歯磨き粉だけではなく シャンプーなどにも使われます。

泡立ちが良いと歯を磨いた気分になりますが 実はこのラウリル硫酸Naは危険な成分なのです。

実際にアメリカや欧米の一部では ラウリル硫酸Naを禁止している国も ある程です。

この成分は口内粘膜から吸収しやすく ダイレクトに血管に入って15秒で心臓に届きます。

また目の裏や肝臓、 女性の場合は子宮等に蓄積します。

近年若年性白内障が多くなっているのですが それは歯磨き粉に含まれるラウリル硫酸などが 原因のひとつではないかと疑われています。

また最近の若い人に味覚障害が多いのも ラウリル硫酸Naなどの合成界面活性剤が

舌の表面の味細胞を溶かして破壊しているのが 原因だと言われています。

発がん性やアルツハイマーの危険性がある成分

危険な成分はラウリル硫酸Naだけではありません。

 プロピレングリコール・・・発がん促進作用 歯磨きの後口の中をしっとりさせてくれる保湿剤、 カビを防ぐ効果がるため食品や化粧品などにも使用される

 サッカリンナトリウム・・・発がん性 砂糖の500倍の甘さを持つ甘味料で 加工食品にも使用されています。

お子さん用の甘い歯磨き粉に使用されている ことが多いです。

 水酸化アルミニウム・・・アルツハイマー、味覚障害など 研磨剤として使用されています。

ごく少量であれば、問題ないという事で使われているのでしょうが、はっきりと記載されているのなら、選ばない事も一つです。

 

関連記事

カテゴリー

人気記事一覧

最近の投稿

アーカイブ