いつもキレイな歯と笑顔をお守りします。

Home > お口の中のことコラム > 唾液が出ない。

2015.10.05唾液が出ない。

ドライマウスという病気があります。

ドライマウスは薬や病気などの原因によって唾液が減ることです。ドライマウスになると食べにくい、話しにくい、口の中がネバネバするなどの症状が出ます。また、唾液が減ることによって、今まで唾液が防御していた免疫機能が失われ、虫歯が増えたり、風邪を引きやすくなります。

ドライマウスの自己診断方法としては

ガムを噛みながら出てきた唾液を全て計量器かメスシリンダーに5分間出してください。出した唾液の量が5ml以下ならばドライマウスの可能性があります。

ご高齢の方、放射線治療を受けた方等、東山歯科医院を受診してくださる方も増えてきて、ドライマウスについても、少しお話をしていきます。

ご自分での診断も簡単にできますので、心配な方は、なさってみてください。

関連記事

カテゴリー

人気記事一覧

最近の投稿

アーカイブ